ALTE MESSER

謎の先着者 


SONY α7R lll / FE 24-70mm GM
急カーブが連続するこの峠道はスリップ事故が多発する冬の難所で、以前から切望されていた山全体を貫くトンネル工事が2年前にようやく完成した。それ以来、沿線住民と登山者、そしてここが冬の日の出を狙える隠れポイントであることを知っているごくわずかな風景写真家を除いては、この峠を通行する人など滅多にいない状態となっていた。まして新年松の内の夜明け前とくれば、さすがに誰も居るまいと思ってやってきたら、なんと先着者がいて驚いた。しかし、どう見ても写真を撮りに来た感じではなく、いったい何のためにここにいるのか分からないが、延々と黒煙を上げてアイドリングを続けているので、私は段々と腹が立ってきた。